羅天大醮の決勝戦は張楚嵐と張霊玉の組み合わせとなった。
諸葛青や王也といった大会で敗れた者たちは、一足先に龍虎山を降りて帰路につき始める。そして決勝戦当日、師匠の老天師や兄弟弟子たちから激励を受ける霊玉。一方、馮宝宝から羅天大醮で優勝して欲しいと願いを聞かされる楚嵐。
自分と宝宝の抱えた真実を知るために楚嵐は霊玉との決勝戦へと臨む……。