毒、暗器が得意とする流派。
張楚嵐の祖父・張錫林は唐門の暗器に打たれ、死ぬ直前まで、その毒で苦しまれていた。
そのため、張楚嵐はずっと、唐門に言葉では言い表せないほどの恨みをもっている。