三一門とは、陸瑾がかつて所属していた流派。
三一門の理念によると、「人」という概念は三段階に分けられている。最初は「炁」で「肉体」を形成する段階、つまり「誕生」。その後「成長」し、最後に「死」に至る。
「逆生三重」とは、修錬を積み重ねることで人を「先天一炁」、すなわち根源の状態に戻らせる技であり、ゆえに「逆生」と名付けられた。
この「逆生三重」の修練が最終段階まで到達したら、仙人に近い状態になれると思われている。