迷走神経は、下部延髄から起こり各臓器に枝分かれしている第10脳神経である。
機能面に関して、心拍数の調整や胃腸の蠕動運動などに関わっているため、過剰反応した場合は一時的な心停止や失神する症状になりやすい。
代表的な症状は「迷走神経反射」という症状である。